メニュー開閉ボタン
わたしたちに許された特別な時間の終わりの表紙画像

恋愛

わたしたちに許された特別な時間の終わり

岡田 利規

新潮社(新潮文庫)/2010年/184ページ/本体400円/ISBN 978-4-10-129671-5

「三月の5日間」はドイツ語、フランス語に翻訳されています。

 2作を収録する本著の前半を成す短編は「三月の5日間」。2003年春、米国ブッシュ大統領がイラクへ大規模な軍事行動を宣告し、そのタイムアウトが迫る中、「特別な時間」をともに過ごすことにした、一組の若い男女の話だ。

 六本木のライブハウスでふと出会った二人は、ブッシュを批判する米国人たちのパフォーマンスを聞いているうち、どちらからともなく会場を抜け出し、渋谷のラブホテルへと向かう。その一室をニュースから遮断されたシェルターに見立てたかのように、二人は5日間、籠もり続ける。

 フリーターの男は言う。<ウチら戦争のあいだずっとやりまくってたってことになるわけ? それやばくないか?(中略)ラブ&ピースじゃなくてセックス&ウォー?みたいなね。なんか俺言ってることよく分かんないね。でも、もしそういうことを思えたらさ、なんというか、歴史とリンクしてるじゃんウチら、みたいなさ>。彼女のほうもあとで振り返る。<私たちは窓も時計もない、テレビも見ずに済む、子供の夢のような部屋にいたのだ>と。

 それだけの話ではある。だが、二人はなぜ、このとき、「特別な時間」をこのように過ごしたのだろう。彼らの不安な気持ちを、世界中の若者がどこかで共有しているのではないか。

 新しい文学はもはや不可能かもしれない……。ともすれば絶望的になりかける2000年代の日本の現代小説に、新たな光を指し示した岡田利規。その才能は一足早く演劇界で、欧米まで知られ始めているようだ。(OM)
わたしたちに許された特別な時間の終わりの表紙画像

岡田 利規

岡田 利規

1973年神奈川県生まれ。劇作家、演出家、小説家。1997年に劇団カンパニー「チェルフィッチュ」を旗揚げ。2005年『三月の5日間』で岸田國士戯曲賞を受賞。同作を小説化し、オリジナル小説「わたしの場所の複数」とともに収録したデビュー小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』で2008年に大江健三郎賞を受賞。

翻訳出版に関する連絡先について

株式会社precog
〒152-0022 東京都目黒区柿の木坂1-24-15

スクロールトップボタン