メニュー開閉ボタン
負け犬の遠吠えの表紙画像

恋愛

負け犬の遠吠え

酒井 順子

講談社(講談社文庫)/2006年/349ページ/本体571円/ISBN 978-4-06-275530-6

本作品は中国語に翻訳されています。

 「負け犬」は著者の新造語で、未婚、子ナシ、三十代以上の女性を指しているが、単に結婚適齢期を逸した女性を意味しているのではない。高学歴、高収入で仕事では一定の成功を収めたキャリア・ウーマンが暗黙の条件になっている。「負け犬」はなぜ発生し、どのような生活を送っているのか。自分たちが置かれた立場をどう思っているのか。本書では諷刺と自嘲をこめてユーモアたっぷりに描かれている。

 「負け犬」という用語には鋭い社会批判がこめられている。日本では「男尊女卑」、「男は外、女は内」という古い意識が根強く残っており、男性は自分より学歴の高い、またはキャリアや収入の高い女性と結婚したがらない。

 一方で「負け犬」たちは自分の能力を発揮し、社会に参加している。経済的には独立しており、好きなようにショッピングをし、友達と自由に外食を楽しみ、いつでも海外旅行に行ける。既婚女性のように、夫に仕える必要はなく、育児の負担もない。その気になれば、思う存分恋愛できる。「未婚女性が惨め」とはただ時代遅れの考え方にすぎないことを、自らの生き方を通して示している。

 とはいえ、晩婚あるいは結婚しない女性に対する社会的偏見はまだ根強くある。著者はそうした偏見を擁護するかのように語りを展開しつつ、「負け犬」を作り出す社会、および彼女らに対する偏見を痛烈に諷刺している。

 本書は女性の社会進出を取り巻く環境、恋愛に対する女性の意識の変化を映し出すだけでなく、優れた社会批判、興味深い文明批評にもなっている。(CK)
負け犬の遠吠えの表紙画像

酒井 順子

酒井 順子

1966年東京都生まれ。高校在学中より雑誌にコラムを執筆。3年間の会社員生活を経てエッセイストに。『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。「負け犬」は2004年度流行語大賞にトップテン入りした。他に『女を観る歌舞伎』『泣いたの、バレた?』『オリーブの罠』など。

翻訳出版に関する連絡先について

株式会社講談社
国際ライツ事業部
〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21

スクロールトップボタン