メニュー開閉ボタン
変愛小説集 日本作家編の表紙画像

恋愛

変愛小説集 日本作家編

岸本 佐知子 編

講談社(講談社文庫)/2018年/304ページ/本体720円/ISBN 978-4-06-293914-0

翻訳出版はありません。

 愛を扱った現代日本作家による短編12編を集めたオリジナル・アンソロジーである。しかし、この本のタイトルには、翻訳できない言葉遊びが含まれている。「恋愛」ではなく、「変愛」というのは、つまり「変な愛」という意味だ。「変愛」は「恋愛」に音も形もよく似ているが、辞書には存在しない新造語である。英米文学の翻訳家として人気を博す岸本は、これまで自身の編訳で、2冊、『変愛小説集』という独創的な現代英米短編アンソロジーを出版しているが、今回はその「日本編」。岸本が選んだ現代日本の作家12人が、彼女の求めに応じて「変な愛」をめぐる短編を書いたのである。

 「変愛」とは、岸本によれば、普通の恋愛の基準からはみ出した、<グロテスクだったり極端だったり変てこだったりする>愛のことだが、それが実は究極の純愛であるという逆説を、ここに収められた作品は示している。収録された作家は、本谷有希子、村田沙耶香、木下古栗といった若手から、川上弘美、多和田葉子、星野智幸といった、いま一番脂の乗った中堅世代を経て、津島佑子、吉田知子といったベテランまで。現代日本文学の多様さを鮮やかに示す断面図となっている。(NM)
変愛小説集 日本作家編の表紙画像

岸本 佐知子 編

岸本 佐知子

1960年神奈川県生まれ。大学卒業後、洋酒メーカー勤務を経て翻訳者として独立。ニコルソン・ベイカー『中二階』、リディア・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』、ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』、スティーヴン・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス』、ジュディ・バドニッツ『空中スキップ』等の翻訳で知られる。『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞受賞。

翻訳出版に関する連絡先について

株式会社講談社
国際ライツ事業部
〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21

スクロールトップボタン