メニュー開閉ボタン
インディヴィジュアル・プロジェクションの表紙画像

小説

インディヴィジュアル・プロジェクション

阿部 和重

(『IP/NN 阿部和重 傑作集』に所収)講談社(講談社文庫)/2011年/392 ページ/本体676円/ISBN 978-4-06-277040-8 初出:「新潮」1997年3月号

本作品はアルバニア語、アラビア語、フランス語、イタリア語、タイ語に翻訳されています。

 東京でもっとも刺激に満ちた若者文化の中心地、渋谷。本書の主人公オヌマは渋谷の映画館に勤める青年映写技師である。彼には以前、スパイ養成塾で5年間にわたり訓練を受けたという秘密があった。その当時の仲間たちの交通事故死を報じる新聞記事を読んだ日から、平穏だった彼の日常に不穏な影が差し始める。何者かによる尾行、暴力団関係者とのいざこざ、そしてスパイ養成塾時代の仲間だった男から預かった謎のフィルム。それらすべての裏には、かつてスパイ養成塾の塾長が暴力団経由で入手した「核爆弾」のゆくえが絡んでいるのか?

 物語はオヌマの日記という体裁を取っており、すべては彼の視点から描かれている。その内容は次第に妄想的な色彩を強め、読者もまた、危険な気配に満ちた物語の渦に巻きこまれていく。オヌマの「分身」のごとき人物たちが跋扈し、真実と虚言の境い目がおぼろになっていく中、やがて不思議な幕切れが訪れる。シャープで歯切れのいい文体、暴力を見据える強靱な思考、そして現代都市の荒涼をみごとにつかみ取る感性によって、本書は新しい日本文学の誕生を象徴する一作となった。(NK)
インディヴィジュアル・プロジェクションの表紙画像
阿部 和重の著者画像

阿部 和重

阿部 和重

1968年生まれ。日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。1994年に『アメリカの夜』で第37回群像新人文学賞を受賞。2004年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞受賞。2004年『シンセミア』で伊藤整文学賞・毎日出版文化賞をダブル受賞。2010年『ピストルズ』で第46回谷崎潤一郎賞を受賞。

翻訳出版に関する連絡先について

株式会社CTB(CTB Inc.)
info@ctbctb.com
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

スクロールトップボタン