メニュー開閉ボタン
ひとり日和の表紙画像

小説

ひとり日和

青山 七恵

河出書房新社(河出文庫)/2010年/208ページ/本体520円/ISBN 978-4-309-41006-7
初出:「文藝」2006年秋号

本作品は中国語、クロアチア語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ベトナム語に翻訳されています。

 人間は「ひとり」で生きてゆくことが基本。そんな思想によって肩ひじを張らずに、生きている現代女性の物語である。

 主人公は、高校を卒業後、とりあえずフリーターとして暮らしている女性、三田知寿である。彼女は、教師である母親が海外研修となったとき、一人暮らしの遠い親戚、71歳の吟子さんのもとに身を寄せる。

 そこで年のはなれた2人の女性の「ひとり暮らし」の同居が始まる。吟子さんの家は、私鉄駅のホームがすぐ近くに見えるが、奇妙な道すじによって駅前の再開発から取り残されていた。駅には、毎朝人びとが詰め込まれて新宿駅へと向かうが、その人びとを縁側からぼんやりと見送ることができる位置にある。その家は、「ひとり暮らし」を続ける2人と現代社会との距離の取り方を象徴しているのだろう。

 主人公の母親は、大学への進学を勧めたが、「わたしはすぐにお金のことを考え始めてしま」い、負い目をできるだけ少なくしようと、女親からも社会からも一歩身を引いて立とうとする。新しい恋人が出来ても、始めから終わりをイメージしている。

 ここには、孤独とはちがう、現代の若者の「ひとり」ずつの生活と心境が描かれている。(MK)
ひとり日和の表紙画像
青山 七恵の著者画像

青山 七恵

青山 七恵

1983年生まれ。2005年、『窓の灯』で第42回文藝賞を受賞。2007年、『ひとり日和』で第136回芥川賞を受賞。2009年『かけら』で第35回川端康成文学賞を受賞。著書に『魔法使いクラブ』、『わたしの彼氏』、『あかりの湖畔』他。

翻訳出版に関する連絡先について

株式会社河出書房新社
海外ライツ担当
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2

スクロールトップボタン