メニュー開閉ボタン
季節の記憶の表紙画像

家族

季節の記憶

保坂 和志

講談社/1996年/絶版
中央公論新社(中公文庫)/1999年/384ページ/本体743円/ISBN 978-4-12-203497-6

本作品は韓国語に翻訳されています。

 この長編の出現は、1990年代の文学界にとって、ちょっとした事件だった。

 といっても作中では事件もドラマチックな出来事も起こらない。古都鎌倉の四季を背景に、離婚して5歳の息子「クイちゃん」と暮らす語り手の「僕」による平坦な日常の報告、断続的な思弁が続くだけである。

 会社からも世間からも距離をとる僕にはたっぷりと時間がある。海辺や山の尾根を散歩したり、夜は気の合う近隣の人びとと食事や酒を楽しみ、哲学的、科学的な意味を探る問答を、仲間うちでぐだぐだやっている。だが、その理屈っぽいやりとりこそ、「漱石の『吾輩は猫である』の現代版」(丸谷才一)であり、「血縁の濃すぎる絆を越え出る、新しい開かれた人間関係」(日野啓三)だと大いに評価された。

 「ねえパパ、アリの世界にもアリはいる?」

 まだ字が読めないクイちゃんが発するこんな問いは、たしかに抽象概念と詩的感性が交差する、かけがえない日常の一瞬。これこそ事件かもしれない。現代小説の前衛を拓く保坂和志の挑戦は、この作品から本格化した。(OM)
季節の記憶の表紙画像

保坂 和志

保坂 和志

1956年山梨県生まれ、鎌倉育ち。1990年『プレーンソング』でデビュー。1993年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、1995年『この人の閾(いき)』で芥川賞、1997年『季節の記憶』で平林たい子文学賞、谷崎潤一郎賞、2013年『未明の闘争』で野間文芸賞、2018年「こことよそ」で川端康成賞を受賞。

翻訳出版に関する連絡先について

株式会社フランス著作権事務所
ダルトア・ミリアン
〒113-0033 東京都文京区本郷3-26-4-903

スクロールトップボタン