メニュー開閉ボタン
ふがいない僕は空を見たの表紙画像

恋愛

ふがいない僕は空を見た

窪 美澄

新潮社(新潮文庫)/2012年/318ページ/本体550円/ISBN 978-4-10-139141-0

本作品は中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、スペイン語に翻訳されています。英語、イタリア語に現在翻訳中。

 5つの物語からなる、連作短編集である。助産院の息子のエピソードが縦軸に描かれており、5編は時空のずれをともなってスパイラル状にゆるやかにつながっている。

 一つめの物語は、コスプレ趣味を持つ主婦との台本に沿った不倫遊技におぼれる助産師の息子の視点から、二つめでは、不妊クリニックに通う元いじめられっこのオタク主婦の視点に切り替わる。やがてそれが最初の物語に登場したコスプレ主婦と同一人物であることに読者は気づく。続く物語では、息子のガールフレンドや貧困にあえぐ同級生、性癖に苦しむバイトの先輩の日常が描かれる。

 同じ出来事が他者の視線から照らされていくにつれ、遠景として描かれた人びとの思いと当事者が見ていた世界とのずれが浮かび上がる。横顔しか見えなかった登場人物たちの不器用だけど優しい感情が折り重なる。

 事件は起きる。ネットでの個人情報のばらまきという陰湿な現代的事件である。ところが、みな心に深い傷を負いながらも感受性がマヒしているかのように平静である。助産師の母親とその補佐役を務めるみっちゃんの、生命への圧倒的な肯定が救いである。(SH)
ふがいない僕は空を見たの表紙画像

窪 美澄

窪 美澄

1965年東京都生まれ。広告制作会社勤務を経てフリーの編集ライターに。2009年「ミクマリ」で女による女のためのR-18文学賞大賞を受賞。受賞作を所収した『ふがいない僕は空を見た』で2011年に山本周五郎賞を受賞。同作はタナダユキ監督により映画化されトロント国際映画祭に出品された。

翻訳出版に関する連絡先について

株式会社新潮社
学海外出版室
〒162-8711 東京都新宿区矢来町71番地

スクロールトップボタン